image-slider

弔電とは、事情があって葬儀に参列できない場合に送る弔意を表す電報のことです。弔電を送る際には、葬儀が行われる時間や場所、喪主と故人の氏名、宗教や宗派を確認しておかなければなりません。葬儀に日程が分かったら、なるべく早めに準備しておいたほうが良いでしょう。通夜までに届いているのがベターです。弔電の宛名は故人ではなく、喪主宛にするのが一般的です。送り方は、オペレーターに電話口で内容を伝える電話申込みと、インターネット申込みなどがあります。電話申込みだと受付時間が決まっているので、時間の確認が必要です。インターネットで申込みをすれば、24時間受け付けてもらえるので、急な訃報の知らせにも対応できます。電話受付の場合、電話口で伝えると間違いが起こりやすいという欠点があります。インターネットだと氏名や住所の聞き間違いが起こらないのでおすすめです。

お悔やみの気持ちは、弔電で伝えることができます

大切な人の訃報が届いても、仕事をはじめとして、さまざまな事情で葬儀に参列できないことがあります。そんなときは、お悔やみの気持ちを届けるために、弔電を送るとよいでしょう。弔電は葬儀や告別式に参列できない場合に、遺族の方にお悔やみの気持ちを伝えることができる電報です。今はオンライン上で手軽に電報を申し込んで送ることができますので、面倒な手間も一切かからず、心からのお悔やみの気持ちを届けることが可能です。もちろん、弔電を送るときは守らなければいけないマナーもありますので、初めて利用するときは事前に確認してから送ると安心です。電報を送る際に知っておきたいマナーに関することがわかりやすく掲載されているWEBサイトもありますので、事前にアクセスして確認しておきましょう。そうすることで、遺族の方に対する失礼がなくなって安心です。

弔電を出す時の、ちょっとした心遣い

弔電を出す際、なにか気をつけていることはあるでしょうか。もっともそのような機会は少ないに越したことはないのですが、いざ出さなければいけない状況になった時に意外にもここを気をつけると先方が助かるポイントがあります。それは、自身の名前への読み仮名をつけることです。全文平仮名やカタカナの弔電を送る人もいますが、かえって読みにくいという声が少なくありませんので、通常の文体で出すことを前提にしてください。人の名前というものは、思った以上にいろいろな読み方があります。簡単な感じであっても思わぬ読み方をする名前もあります。自身の名前が難読であると自覚のある方ばかりではありませんし、弔電は一文字ずつに料金が加算されるシステムのところもありますので、名前まで気が回らない人が大多数です。しかし、頂いた当家が誰に聞いても正式な読み方がわからなくて混乱することも多々ありますので、自分の名前に少しでも読みにくい部分があると思う方は読み仮名を追加して送ることをおすすめします。

利用頂いた方の声をHPにて公開しているため、生の声を見ることができます。 一般的な仏教式のお葬式に限らず、あらゆる宗教に対応。 大阪府で家族葬をお考えなら「小さなお葬式」。 葬儀後にはお客様アンケートをとり、常に品質改善に努めています。 提携法人には特別価格でご提供しております。サービスの内容は一切変わりません。 電話・メールなど24時間対応可能です。 葬儀可能な大阪エリアの詳しい情報はこちらから

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)